紫外線が黒ずみの原因になることもある

紫外線が黒ずみの原因になることもある

紫外線を浴びると日焼けをしてしまうというのは知っている方も多いでしょう。

 

ですが紫外線は日焼けだけではなく黒ずみまで作ってしまうのです。

 

紫外線を浴びると皮膚はメラニン色素を作り出します。

 

通常であれば肌のターンオーバーにより古い角質がどんどん剥がれ、新しい肌に生まれ変わるため日焼けも時間が経過するごとになくなっていきます。

 

ですが紫外線を多く浴びてしまったり頻繁に日焼けを繰り返すことで、メラニン色素が大量に作られてしまった場合には肌のターンオーバーでも色素が剥がれ落ちることなくそのまま残る可能性もあるのです。

 

このような状態を色素沈着といい、色素沈着を起こすことで黒ずみとなるのです。

 

また紫外線を浴びることで肌が乾燥し、そのまま放置してしまうとなかなかターンオーバーが進まなくなり肌にメラニン色素が残る場合もあるのです。

 

さらにまた紫外線を受ければ生成されたメラニン色素が蓄積されることになり、黒ずみへとなっていくでしょう。

 

このように紫外線による黒ずみも日常生活で起こりやすいため注意しなければなりません。

 

紫外線の多い季節は特に気をつけなければならないので、まずは紫外線対策をして黒ずみを作らないようにしましょう。

 

 

 

黒ずみを消すことは可能?

 

 

日焼けによる黒ずみ、何をしても取れないイメージがありますよね。

 

もしかしたら一生残るのかもしれない、と思う方もいるでしょう。

 

ですがこの黒ずみもきちんと対策をすることで目立たなくすることができます。

 

綺麗に消すまでには時間がかかるかもしれませんが、薄くすることはできるので気になる方は頑張ってみましょう。

 

まず黒ずみとはメラニン色素の沈着です。

 

通常は肌のターンオーバーにより消えていくものですが、あまりにも大量にメラニン色素が生成されると取れにくくなってしまうのです。

 

こんな時には肌をまず保湿しましょう。

 

保湿すれば肌が潤いしっかりターンオーバーが繰り返されます。

 

日焼け後はどうしても肌が乾燥するため、肌のターンオーバーも乱れやすくなります。

 

しっかりターンオーバーを促すためにも必ず保湿をしましょう。

 

またピーリングなども効果が期待できる場合もあります。

 

市販のジェルピーリングなどを使用し、古い角質を除去しターンオーバーを促しましょう。

 

他にも黒ずみを治す美容液なども効果が期待できます。

 

それでもまだ落ちない時には美容外科などでシミや黒ずみ用のレーザーを受けると落とすことができます。

 

黒ずみは一生治すことができないわけではありません。

 

ただ治すには時間もかかりますし努力も必要です。

 

一番は作らないようにすることも大切なので、予防もしっかりしながら落とせるようにしましょう。

 

 

黒ずみの原因

 

 

肌の黒ずみには紫外線によるものだけではありません。

 

実は日常生活にもたくさんの黒ずみの原因が隠れているのです。

 

まずセルフ脱毛を行っている方に多いのが、カミソリによりできてしまう黒ずみです。

 

カミソリは毛だけではなく、薄く肌も一緒に削ぎ落としてしまうため大きなダメージを与えます。

肌にはダメージが加わるとメラニン色素を生成する働きがあるため、カミソリを毎日使用していると黒ずむ原因となってしまうのです。

 

また他にも服や下着の擦れなども肌にダメージを与えてしまう場合があります。

 

体にフィットしすぎた服により肌が擦れることでメラニンが生成されるため黒ずみができます。

 

下着もワイヤー部分やゴムの部分などが肌に擦れてしまい黒ずみができるという場合もあるのです。

 

何気なく生活している中にもこのように紫外線以外で黒ずみができてしまう原因はたくさんあります。

 

また黒ずみができてもそのままの状態を続けていればどんどん悪化する可能性もあり、黒ずみ対策を行ってもなかなか効果が出なくなる場合もあります。

 

黒ずみに気がついた時から、できれば悪化しないように服や下着、またはセルフ脱毛の方法やアフターケアもしっかり見直すようにしましょう。

アットベリーはこちらから↓