ベビーパウダーに美白効果があるのは本当?

ベビーパウダーに美白効果があるのは本当?

ベビーパウダーを上手く活用することで、美白効果が得られるという話を聞いたことはありますか?

 

ベビーパウダーの主成分はタルクとコーンスターチで、タルクはファンデーションやフェイスパウダーにも使われています。
コーンスターチはよくお菓子作りなどに使われているものですが、タルクもコーンスターチも粒子が細かく、余分な水分や油分を吸収してさらさらとした肌を保ちます。
そのため、化粧をする前に下地としてベビーパウダーを使用すれば、肌を白く見せることができますし、化粧崩れを防ぐこともできるのです。

 

また、ベビーパウダーを使った洗顔やパックを行っている人もいるようです。

 

ベビーパウダーを使って洗顔をすれば、毛穴の汚れを吸着して、黒ずみ・角栓・余分な皮脂を除去できると言われています。
小さくて薄いシミであればベビーパウダーの洗顔で目立たなくなるとも言われているので、気軽に挑戦してみたいですね。

 

ベビーパウダーを使ったパックでは、肌のキメが整う効果や、肌の色が明るくなる効果を期待できるようです。
肌に直接使用しても悪影響を及ぼす心配がないので、洗顔・パックを試してみたいですね。

 

 

使用方法

 

ベビーパウダーを使って美白を目指してみたいと考えている人は、ベビーパウダーを使った洗顔・パックを試してみると良いでしょう。

 

どのぐらいの美白効果を得られるのかには個人差がありますが、ベビーパウダーが毛穴の汚れを吸着して除去してくれるので、毛穴洗浄の効果はすぐに実感できるでしょう。

 

 

ベビーパウダーを使った洗顔方法
洗顔をするときには、スプーン1杯分のベビーパウダーを用意します。
普段使っている洗顔フォームを手に取り、用意したベビーパウダーと混ぜましょう。
ベビーパウダーと混ぜた洗顔フォームを泡立てたら、顔全体の汚れを落とすようにいつも通りの洗顔をしていきます。
時間があれば、泡を顔に乗せたまま数分放置してパックすると効果が高まります。
洗い流せば、ベビーパウダーの吸着効果によって、毛穴が綺麗になっていることを実感できるでしょう。

 

ベビーパウダーを使ったパックをする方法
ベビーパウダーを使ったパックは、いつも通りの洗顔をした後に行います。
牛乳100ccくらいに、ベビーパウダー大さじ2を混ぜましょう。
牛乳とベビーパウダーを混ぜたものを顔全体に塗ったら、10分ほど放置します。
乾かないうちに洗い流し、化粧水や乳液でスキンケアをして終わりです。
パックをすることでも毛穴の汚れを除去できるので、肌のトーンが明るくなると言われています。

 

 

本当に美白になれる?

 

ベビーパウダーを使った洗顔やパックをする方法はありますが、実際に美白効果は得られるのでしょうか?

 

ベビーパウダーに配合されている成分で、直接肌を白くする効果がある成分はありません。

 

しかし、ベビーパウダーには毛穴の奥に入り込んでしまった汚れを吸着する力があります。
毛穴の汚れを除去し、目立っていた黒ずみを解消することができれば、肌のトーンは明るくなったように感じることでしょう。

 

そのため、ベビーパウダーで得られる効果は、毛穴を綺麗にすることによる肌の明るさ・肌のなめらかさであると言えるでしょう。

 

ですが、ベビーパウダー自体の色が白いため、肌に塗るとほんの少しだけ肌が白くなったように見えますよね。
化粧をする前に化粧下地として肌に塗れば、普段よりも肌を白く見せることができます。

 

ベビーパウダーに配合されている成分が汗や皮脂を吸い取ってくれるので、化粧崩れを防ぐことにもつながります。

 

化粧下地としてベビーパウダーを使うのではなく、美肌ケアとして使いたい場合には、ベビーパウダーで洗顔やパックをした後に美白化粧水でスキンケアをすると良いかもしれません。

アットベリーはこちらから↓