食べ物で体の中からヴ美白ケア

食べ物で体の中からヴ美白ケア

紫外線を多く浴びると、肌で生成されるメラニン色素が増加してしまいます。
生成されたメラニン色素が沈着すると、肌が黒くなってしまうのです。

 

黒くなってしまった肌は、肌細胞が生まれ変わるターンオーバーを繰り返すことで、白くて綺麗な肌へと修復されていきます。美白を目指したいと思ったら、ターンオーバーを活性化させる食べ物を積極的に食べるようにしてみましょう。

 

ビタミンが多く含まれている食べ物を食べることで、新陳代謝を高めてターンオーバーを活性化させることができます。
ビタミンは、野菜や果物だけでなく、肉・卵・豆・ゴマなどのさまざまな食べ物に含まれています。

 

食べ物によって含まれているビタミンの種類が違うので、それぞれのビタミンが体に与える効果を知って、食事に上手く取り入れていけると良いですね。
ビタミンCは、紫外線の刺激によってメラニン色素が生成されてしまうことを防ぎます。

 

そのため、美白化粧品や日焼け後のケア化粧品には、ビタミンCが配合されていることが多いです。
レモンやオレンジなどの柑橘類・トマト・アセロラなどに多く含まれています。

 

果物をデザートとして食後に食べたり、ビタミンCが多く含まれているフルーツジュースを飲むようにすると良いかもしれません。

 

ビタミン以外にも、美白効果を期待することができる食べ物があります。

 

例えば、大豆・小麦胚芽・蜂蜜は、メラニン色素の生成と沈着を防ぐことができる食べ物です。

 

これらの食べ物に含まれているL−システインという成分が、メラニン色素の生成を抑え、肌に沈着してしまったメラニン色素の排出を促してくれるのです。
たくさん紫外線を浴びてしまった日はもちろん、普段から摂取することで美白を目指していけるでしょう。

 

アスタキサンチンが含まれているサーモン・エビ・カニ・いくらなどの食べ物も、美白に効果があります。

 

アスタキサンチンは抗酸化作用が高く、メラニン色素の生成も防いでくれます。海鮮類であれば、料理に取り入れやすいのではないでしょうか?
飽きずに食べ続けることができれば、より効率的に美白効果を得ることができるでしょう。

 

美白効果のある食べ物を普段の食事で摂取できれば良いですが、毎日の食事に意識して取り入れていくことは難しいかもしれません。
どうしても摂取し続けられないという人は、サプリメントや補助食品を上手く活用してみましょう。

 

効率的に美白効果のある成分を摂取することができるので、無理をせずに続けられるでしょう。

 

 

正しい摂取方法

 

美白効果のある食べ物は、できるだけ毎日食事に取り入れていきましょう。
さらに、効果的な摂取方法を見つけることで、より理想的な美白に近付くことができるでしょう。

 

メラニン色素の生成を抑制することができるビタミンCは、野菜や果物から摂取することができます。
しかし、普段の食生活では不足しがちになってしまうのが現状です。

 

ビタミンCが多く含まれている食べ物を意識して食べていても、1日に必要なビタミンCを摂取し切れていない可能性が高いです。
ビタミンCを効率的に摂取し、より美白効果を高めるためには、ビタミンCを補給するためのドリンクを飲み始めてみましょう。

 

1日分のビタミンCを摂取することができる栄養ドリンクは、スーパーやコンビニなどで気軽に手に入れることができます。たくさん紫外線を浴びてしまった後には、特に意識して飲んでおきたいですね。

 

また、ビタミンEも美白に高い効果を発揮するので、ビタミンCと一緒に摂取しておきましょう。
ビタミンEは、ナッツ類に多く含まれているので、お腹が空いたときにおやつ代わりに食べるようにしてみましょう。

 

食事に取り入れるのは大変でも、おやつとしてなら気軽に食べることができるでしょう。
ビタミンC配合のジュースを飲みながら、ナッツをおやつで食べるととても効果的です。

 

アスタキサンチンやアントシアニンなどの抗酸化作用が高い成分は、野菜・海鮮類・豆類など、さまざまな食べ物に含まれています。
毎日の食事でも少しずつ摂取できているとは思いますが、足りていないと感じる人は意識して摂取していきましょう。

 

特におすすめのレシピは、トマトジュースやかぼちゃスープです。

 

いつもの食事にプラスして気軽に摂取することができますし、作り方もとても簡単です。
抗酸化作用が高い食べ物を摂取することで、メラニン色素の沈着によってできてしまったシミを改善していくことができるのです。

 

また、レバーや赤身肉・カツオ・あさりなどに多く含まれている鉄分も、シミを消す効果があります。

 

すでに肌にシミができてしまっている人は、鉄分を多く摂取することで改善していきましょう。
美白効果を得るために鉄分を摂取するなら、ほうれん草や小松菜などの植物性食品から摂取するのではなく、動物性食品から摂取しましょう。

 

さらに、ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂取すると効果的であると言われています。
美白に効果のある食べ物を上手く組み合わせて、より効率的に美白を目指していきましょう。

 

 

実は逆効果の食べ物が存在する

 

美白に効果的な食べ物があれば、逆効果な食べ物もあります。
どのような食べ物が肌に悪影響を与えてしまうのかを知って、肌を守れるようにしておきましょう。

 

紫外線を浴びる前に食べてはいけない食べ物は、レモンやオレンジなどの柑橘類や、キュウリ・パセリ・セロリなどの野菜です。
柑橘類は美白に効果があるイメージですが、なぜ紫外線を浴びる前に食べてはいけないのでしょうか?

 

実は、これらの食べ物には、紫外線によって反応しやすい「ソラレン」という成分が含まれています。ソラレンは紫外線を浴びることで反応し、紫外線を吸収しやすくしてしまう成分です。
つまり、紫外線を多く吸収してメラニン色素を生成し、肌を黒くしてしまうのです。ソラレンは、摂取してから2時間後にその作用がピークになると言われています。

 

柑橘類は紫外線を浴びた後であれば美白に効果的ですが、外出前にはあまり摂取しないようにしておきたいですね。

 

レモンやキュウリのパックをしている人も多いと思いますが、朝にパックを行うのではなく、その後に紫外線を浴びることがない夜に行うことをおすすめします。

 

健康に良いと言われている朝フルーツも、外出をする予定があるのなら、食べる果物に気を付けたいですね。

アットベリーはこちらから↓